real estate office

利用条件

「brillia認定中古マンション制度」が利用できるのは、次の4つの条件を満たしている物件です。
①「brillia」と名のつく東京建物分譲マンションであり、物件の竣工日から15年以内であること。(首都圏1都3県に限る)
②物件の管理会社が、東京建物アメニティサポートであること。
③東京建物と、売却に関する専任媒介契約を締結している物件であること。
④第三者機関による住宅設備機器現場検査が、完了している物件であること。

「brillia認定中古マンション制度」を利用した中古マンションは、「brillia認定中古マンション」として売却活動が行われます。
認定中古マンションを購入したい場合は、サイト内の「brillia認定中古マンション物件一覧」で探すことができます。
カタログに掲載されている物件の中で、認定されている物件、あるいは認定される予定である物件が一覧表示されます。
認定中古マンションの不動産売買契約を結ぶと、認定証や住宅設備機器保証書などが交付されます。
これらにかかる費用は、全て東京建物不動産販売の負担となります。中古マンションの買主は、費用を一切負担することなく、住まいの安心を手に入れることができます。